企業沿革

2011年、当社設立メンバーの親族が脳梗塞が倒れ、在宅での介護が必要な状態となりました。
その当時は、訪問看護やリハビリは今ほど普及しておらず、サービスを依頼できる事業所を探すことも一苦労だったことを覚えています。
そこで一念発起、”家族を安心して任せられる最高品質のサービスを提供する事業所”をつくろうとの想いで西大阪訪問看護ステーションが発足しました。

2015年以降は、サテライトの拠点を増やし、大阪市内の大半でサービスを提供できるようになりました。(2018年6月現在、7事業所)

2018年は、設立から8年目を迎え、当社で働くスタッフの生活環境の変化、特に「既婚者と子育て世帯」が増加しました。同環境変化を受け、「子育て世帯への多様な働き方の提供」、「保育料負担の軽減(福利厚生)」、「子供たちが遊びを通して成長できる環境の整備」の3つを目的に、企業主導型保育施設を設置するに至りました。

 

出来事
20117西淀川区姫里にて創業
20126サテライト泉南(リブロン)開設
201310サテライト堺(イリス)開設
201410サテライト堺(イリス)閉鎖
20152

8

10

11
西淀川区出来島に本社移転

サテライト大正開設

サテライト優羽開設

サテライト泉南(リブロン)閉鎖
20166

9
設立5周年

サテライト福島開設
20172

3

7

11
サテライト東成開設

サテライト天満開設

設立7周年 代表交代 新体制へ

サテライト葵羽開設
20182

3
西大阪保育園開園

ゆうわ保育園開園